多田野数人

提供: Yourpedia
2010年3月19日 (金) 14:33時点におけるあああああああああ (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

多田野 数人(通称TDN)(ただの かずひと、1980年4月25日 - )は、日本の野球選手。2003年以降、米国のプロリーグに参加している。

基礎データ

来歴

高校時代

高校3年の夏、八千代松陰を初の甲子園へと導いた。本大会は初戦でPL学園に敗れた。

ここから分かるように、県予選で多田野は4回戦以外、点を取られていない。

大学時代~渡米まで

立教大学時代は、早大和田法大土居慶大長田明大一場らと投げ合い大学通算20勝。松坂世代の一人として話題となる。東京六大学リーグ屈指の右腕投手と高く評価され1位指名は確実と見られていたが、後述のスキャンダルにより日本球界での指名を受けることなく渡米、各球団の入団テストを受け、2003年クリーブランド・インディアンスとマイナー契約をした。

マイナー時代から現在まで

2004年シーズンにメジャー昇格。7月2日(現地時間)のレッズ戦でメジャー初先発初勝利を挙げた。日本でのプロ球界を経ることなく、メジャー入りした日本人選手はマック鈴木に続き二人目である。

2006年4月1日(日本時間)付で、インディアンスから戦力外通告を受けたが、4月4日(日本時間)にはオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結び、メジャーへの挑戦を続けた。

同年のシーズン終了後に日本へ戻り、9月22日から10月12日まで四国アイランドリーグにスポット参戦した。所属チームは徳島インディゴソックスだった。

2007年も引き続きオークランド・アスレチックスとマイナー契約。2Aと3Aで19試合に登板し、8勝7敗・防御率4.86・奪三振133の成績を残すとともに、3Aサクラメント・リバーキャッツパシフィック・コーストリーグで優勝した時の胴上げ投手ともなったが、10月17日に解雇された。

2007年11月19日の大学・社会人ドラフトにて、恩師のマーティー・ブラウン監督の居る広島東洋カープ北海道日本ハムファイターズが獲得に名乗りを上げている。

スキャンダル

東京六大学時代、早大の和田と並ぶドラフト会議の目玉として、複数のプロ球団による争奪戦が展開された。一時は横浜ベイスターズ自由枠で獲得することが決定したと報じられた。

しかし、2002年の夏ごろからネット掲示板や週刊誌で、「ゲイビデオに多田野そっくりの男優が野球部の後輩たちと共に出演している」と噂が流れ、「本人ではないか?」というところまで発展していった。2ちゃんねる等でゲイネタとして用いられることのある「アッー!」は、そのゲイビデオが由来である。正確にはこの記事を取り上げた媒体で「アーッ!」とされるはずが誤植されてしまったことによる。

結果として、横浜はドラフト直前で指名を回避した。公式に理由は「諸般の事情を総合的に検討した結果」としか説明されていない。横浜の指名回避発表後、福岡ダイエーホークスが獲得に乗り出すなどの動きもあったが結局断念し、2002年のドラフト会議ではどの球団も多田野を指名しなかった。そのため、多田野は日本で野球選手になる道を絶たれてしまう。当時のスポーツマスコミは、ドラフト直前に多田野が右肩と右肘の治療を理由にインターコンチネンタル杯出場を回避していたこともあり、「故障のため指名回避」と報道するメディアがほとんどで、一部の週刊誌等を除いてゲイビデオ出演に触れるものはなかった。

渡米後の2004年に、アメリカでもゲイビデオ出演の過去が知られてしまうことになる。ちょうどメジャーに昇格するかどうかの重要な時期であったため、日本では行わなかった真相説明を行うことが必要となってきた。日本では、日本よりアメリカの方がゲイなどのセクシャルマイノリティに対して寛容な社会であるというイメージが持たれているが、サンフランシスコニューヨークなどの一部の大都市だけに限った話であり、キリスト教保守派などの影響により同性愛が日本以上に禁忌視されている側面もある。軍隊やスポーツではゲイは暗黙的に「存在してはならない」とされており、「同性愛者が同じフィールドに立つことは許されない」という発言を堂々と有名選手が行うほどである。多田野がゲイかどうかは関係なく、ゲイビデオに出てしまったことは事実であり、MLBでプレーを続けるためには記者会見で出演経緯や自分はゲイではないことを宣言する必要に迫られた。

「大学時代に(そのような)ビデオに出たことがあり、今はとても後悔しています。当時は若くお金が必要でした。たった1度の過ちであり2度と同じ間違いはしません。

ボクはゲイではありません。これだけははっきりと真実を伝えたかった。」

この会見での釈明を経て多田野はチームメートに受け入れられ、アメリカで野球をプレーし続ける道を得ることになった。横浜が多田野の指名を回避した当時、腫れ物に触るように指名回避の真相を知っていながら報道しなかった日本のメディアも、この会見をきっかけとして今更ながら真相を報道するようになった。日本の報道におけるタブーに触れてしまった事例の一つといえる。但し、他のゲイビデオにも明らかに多田野と思われる人物が登場しているが、これに対して多田野は黙殺している。今後日本球界に復帰した際は、こちらの説明も求められることが考えられる。

その他

関連項目

外部リンク

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。もとの記事・画像は多田野数人にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。ユアペディアと同じくウィキペディアGFDLのライセンスで提供されています。コンテンツを再利用する際には同じくGFDLのライセンスを採用してください。

淫夢ファミリー
 多田野数人 |  大坊聡 |  羽田野祐介 |  谷岡俊一 |  清野大地 |  上村康太 |  NSOK |  DRVS |  白いの |  GO |  マジメ君 |  野獣先輩(田所)(YJSNPI) |  遠野後輩(KUHI)  TRN|

 NT| ピンキー姉貴| KBSトリオ| タカダキミヒコ|-  ECZN |  ITI |  SNJ |  IWS |  ひで |  ドラゴン田中 |  MUR |  久保帯人 | <span

マスコット  淫夢くん |    編集

テンプレート:ANAL MSS